あいこっち的 野の花図鑑

アクセスカウンタ

zoom RSS イロハモミジ(カエデ科カエデ属)

<<   作成日時 : 2009/05/06 16:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一般的に「もみじ」といえば「イロハモミジ(イロハカエデ)」で秋の紅葉が綺麗ですが、春には花を楽しむことができます。

画像


画像


画像



小さい変わった形の花がたくさん咲いていますが、この花がプロペラ状の実になって飛び散って増えてゆきます。

イロハモミジの名前の由来は、掌状に裂けた数を「いろはにほへと・・・」と数えたことによるようです。

楓(かえで)と紅葉(もみじ)の違いは、楓のなかで紅葉の美しいものを「もみじ」と呼ぶとも、葉の切れ込みの数、切れ込み具合によって使い分けているともいいますが、植物分類上は同じものです。

夏の緑、秋の紅葉と季節を通じて目を楽しませてくれる「もみじ」です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イロハモミジ(カエデ科カエデ属)  あいこっち的 野の花図鑑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる